7週連続で20%以上(平均22.1%)の高視聴率を記録している
女優・米倉涼子さん(39)主演の人気連続ドラマ
『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系 木曜・後9時)の
第8話のあらすじ調べました〜。

4916_main.jpg

※参照元http://www.ent-mabui.jp/program/4916
ある日、大門未知子(米倉涼子)は「国立高度医療センター」内で

1冊のノートを拾う予定。

それは原因不明の難病「肺静脈閉塞症」で入院している小学生・八田ちひろ(小林星蘭)と

その母・八田和美(堀内敬子)の筆談ノートだったそうです。



ノートの内容から、ちひろが生命の危機にさらされていることを読み取った未知子は

例によって例のごとく、天堂義人(北大路欣也)に

『オペを担当させろ!!』と直談判するようです……好きですねぇ手術。

失敗しないからなぁ〜。


しかし、ちひろは担当医である富士川清志郎(古田新太)が完治不可能と判断するほど

すでに手の施しようのない状態……。


いつもの通り、富士川だけでなく、ほかの医局員たちもオペの実施に難色を示す……

ここら辺でいつものように医局員たちと衝突するんでしょうかねぇ。


そして、いつも通りに未知子無謀ともいえる生体肺移植を提案。

またこれが難しい術式なんですよねぇ……いつも。

ここまではいつも通りのおきまりのパターンですね。

まぁ……失敗しませんからねぇ……いつも。


スポンサーリンク









そんな未知子に医局員たちが呆れる中、天堂はある思惑のもと

ちひろのオペを承認……この天堂さんがいつも腹に一物抱えている感じですよねぇ……。


ドラマは様々な急展開を迎えながら……果たして無事に手術は行えるのか……

また成功するのか……。失敗しないからなぁ……いつも

毎回同じような内容の気がしないこともありませんが……

今年一番の人気のドラマです。要チェックですね!!

スポンサーリンク






この度は記事をお読みいただきありがとうございました。

今回の記事のほかにも下記のような記事を書いております。

お時間のある方は是非ご覧いただけると幸いです。

8.6秒バズーカーのラッスンゴレライは本当に面白いのか?第2の武勇伝?歌詞の意味は?

 カテゴリ