一部実話誌が今月報道したことにより

にわかにネット上で噂になっている「ベテラン俳優X」の恐喝事件……

この噂の人物がどうも西田敏行さんではないか!?……

とネットを中心に噂が席巻しているみたいですねぇ……

ちょっと信じられませんが……。

ベテラン俳優Xさんの恐喝事件とは……

数年前にXさんが海外で少女を買い

薬物を使用した上に腕を折るといった“鬼畜プレイ”を繰り広げたが

この内容を業者に盗撮されてしまったからさあ大変。

現在までに数千万円にのぼる口止め料を支払い続けているとうわさされている……

というものらしいです。

これが西田敏行さんとは、にわかにも信じ難いのですが……。

西田敏行さんに疑いの目が向けられたのは……

どうも日刊サイゾーや実話ナックルズ1月号の記事が原因のようですね〜。


スポンサーリンク






以下は該当記事と思われる記事の引用です。



映画ドラマで活躍するベテラン俳優・Xが、ある1本の隠し撮り映像をネタに長年脅され続け、
これまで相手方に対して数千万円を支払っていたという衝撃的な事実を、「実話ナックルズ」(ミリオン出版/1月号)が報じている。

同誌によると、Xは数年前、カンボジアで10代の少女を買い、
薬物をやりながら少女の腕を折って恍惚の表情を浮かべるなど“鬼畜プレイ”の限りを尽くした様子を、
少女買春の仲介者によって隠し撮りされていたというのだ。

仲介者は、その映像をネタにXをゆすり、その都度、多額の金銭を請求されたXは、
求められるがままに支払い、すでに総額は数千万円に及んでいるというからシャレにならない。

「もともと、ASKAが覚せい剤で逮捕されるきっかけとなったのが、

薬物を吸引しているところを暴力団関係者に隠し撮りされた映像。だが、Xの場合、

ASKAよりもシャレにならない。というのも、包容力があって優しそうなイメージとは違って、

本性はドS。あまりにもプレイが危険すぎるため、

風俗業界ではトラブルメーカーとして知られていたが、すでに性癖の域を超えて、

欲求を抑えることができなくなってしまっているようだ。

これまで何度もタレコミがあったが、あまりにも危険すぎて記事にすることはできなかった。

しかし、もし明るみに出れば、その瞬間にXの俳優生命は終わってしまうほどの“爆弾スキャンダル”」

(週刊誌記者)

 そんなXについて、最近も風俗関係者の間では、よく知られた話があるという。

「すでにXは、都内の有名SMクラブでは“NGリスト入り”。そのことをXも承知しているようで、

ある日、高級デリヘルから女の子を都心の高級ホテルに呼んだ。

女の子がシャワーから出ると、テーブルの上には600万円の現金が置いてあり、

Xは女の子に土下座し、『ホテルと話はつけてあるし、治療も最高の病院を紹介するから、

君の腕を折らせてくれ』とガチで頼み込んだという。さすがに女の子は恐怖を感じ、

一目散にホテルを飛び出し、その店もXを出禁にしたようだ。裏を返せば、

その金額で応じた女の子がいたということなのでは」(風俗ライター)

 還暦を過ぎても精力的に仕事をこなし続けるXだが、どうやら、

“保身”のために働き続けて金を稼がなければならない理由があったようだ。

http://news.infoseek.co.jp/article/cyzo_20141209_605311

日刊サイゾー(2014年12月9日09時00分)



スポンサーリンク





確かに西田さんは67歳の現在でも現役バリバリで活躍されていますよねぇ〜。

03年には、確か心筋梗塞で緊急入院されたはずですよねぇ……

無理しないほうがいいはずなんですが……。西田さんがそのお金のために

今でもお仕事頑を張っている……まぁ〜確かに合点は行きますがねぇ……。

西田さんといえば08年には紫綬褒章を受賞されているまさに大物……

今回は飛んだ交通事故……なんでしょうか〜?

過去にも

ドラマ「池中玄太80キロ」や映画「釣りバカシリーズ」「学校」など

人情あふれる演技でおなじみですもんねぇ〜。

最近では「探偵ナイトスクープ」で泣いてばかりいますが

本当にプライベートではそんなこと……やっぱり信じられません!!

何れにしても、西田さんももういいお歳なのでお仕事もプライベートも

ほどほどが良いのでは……と思いますが……。




この度は記事をお読みいただきありがとうございました。

今回の記事のほかにも下記のような記事を書いております。

お時間のある方は是非ご覧いただけると幸いです。

8.6秒バズーカーのラッスンゴレライは本当に面白いのか?第2の武勇伝?歌詞の意味は?

 カテゴリ